リフォーム

リフォーム

 木材はそのものが持つフィトンチッドという成分で、ストレス社会を生きる人間を癒やし、人間の行動をセーブし、人間の心を豊かにしてくれる効果をもつ、最も身近で、手に入れやすいものなのです。

 また、木材は空気中の二酸化炭素を取り入れて成長します。そして、それ故その木材を有効に利用することによって、二酸化炭素を木材の中へ閉じ込める形で、地球の温暖化に貢献することになるのです。

 また、木材はそれ自身、ある程度乾燥すると(現在は現場で使われるほとんどの木材が人工的に乾燥されたものです)今度は空気中の水分を吸収したり放出したりする『調湿作用』が生じます。それによって、空気中の水分をある程度調整してくれ、快適な住空間を保ってくれるのです。同時に、カビやダニの発生にも効果があります。

 また、木材は熱伝導率が非常に低く(木製のお椀で熱いお味噌汁を手でもてるのはそのためです)従って、断熱性にも優れています。木材は見た目の温かさとともに、手触りもよく、衝撃を緩和する作用も、持ち合わせています。
そんな木材をふんだんに使ったのが木造住宅なのです。

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン