襖(ふすま)

襖の貼り替え

襖とは?

襖とは、古くからある日本独特の間仕切り建具です。 名前の由来は、「間(部屋、空間)」を臥せるという、「臥す間」からきています。
襖障子と呼ばれ、昔は障子といえば、今で言う襖のことを示していました。 また、襖の上張り(表に張る紙)が、初めは中国渡来の唐紙だったことから「唐紙(からかみ)」とも呼ばれます。

木と紙でできている

襖は木でできた骨組みに紙を重ねてできている(詳しくは、襖の構造のところを見てください)ので、紙と紙の間に空気の層ができます。
この空気の層が、夏の暑いときは室内を涼しく、冬の寒いときは室内を暖かく保とうとします。 また、湿度が高くなると、襖が湿気を吸収し、逆に、湿度が低くなると湿気を放出します。 こうして、室内の温度や湿度を一定に保とうとするのです。
ほかにも、和紙が空気中のカビ、ホコリ、ダニやアンモニアなどの有機物を吸着する機能を持っていることが最近の研究でわかっています。

張替えができる

襖は、何度でも張替えができます(ダンボール襖、発泡襖は永久的にはできません)。 上張りの模様を変えることで、部屋の雰囲気を大きく変えることも可能です。

動かすことができる

襖は、ご存知の通り取り外しが楽にできます。 襖を動かすだけで、2つの部屋を1つの大きな部屋にできたりと自由に部屋の広さをかえられます。
住まいをよりうまく活用するにあたり、とても重要な役割を果たすことができるのです。

襖紙・イメージ

fusuma_gara

Comments are closed.

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン